【副業 個人事業主 フリーランス 独立 起業に必須の資格】「簿記」

ビジネス・資格
スポンサーリンク


こんにちは。

みなさんは「簿記」についてご存知でしょうか。

わたしは20代のときに簿記の勉強をして、日商簿記2級と3級を同時に取得しました。

「簿記」は公的な資格なので、履歴書に書けますし、

資格をもっていると、就職、転職にも有利です。

現在は、個人事業主として確定申告をする際にとても役立っています。

「簿記」 の資格をとろうかどうか考えている人に参考になると思います。

今回の記事は、「簿記」についての内容です。


ダイエットパートナー フランチャイズ加盟無料相談、トレーナー求人




スポンサーリンク
スポンサーリンク

確定申告に「簿記」の知識、資格は必要

副業、個人事業主、フリーランス、独立、起業には確定申告が必要になってきます。

確定申告の際に役立つのが「簿記」の知識、資格です。

簿記の知識があると、自分で確定申告をすることができます。

また簿記の知識があって、経営状態がわかるのと、

わからないのではまったく違います。

新たに副業をはじめようと考えている方、フリーランスや独立を考えている方は、

簿記3級程度の知識、資格があるといいと思います。

「簿記」は伝統のある公的な資格

「簿記」は伝統があり、信頼性のある公的な資格です。


日商簿記検定試験、簿記実務検定試験(全商簿記検定)、簿記能力検定(全経簿記検定)

がよく知られています。

商工会議所の簿記検定の年間受験者数

3級  約30万人

2級  約20万人

1級  約2万人

1954年からはじまり、累計約2,700万人の受験者がいます。



気になる資格がみつかるサイト・資格Hacks

「簿記」 とは

「簿記」とは帳簿記入のことです。

お金の流れに沿って、帳簿を記入します。

「簿記」 は就職、転職に役立つ

企業の経済活動をお金の流れに沿って帳簿に記入して、利益と財産を明らかにします。

「簿記」 は就職、転職にも役立ちます。

履歴書に書けますし、簿記の資格があれば、未経験でも経理の仕事に挑戦できます。

わたしも簿記の資格を取得して、経理の仕事を実際に経験しました。

簿記の勉強の後、税理士や公認会計士、

中小企業診断士などの業種に挑戦していく人もいます。


経理職の就職、転職には簿記2級以上の知識、資格があるといいです。

資産管理、経営、家計に役立つ

簿記の知識があると、会社や自分の家計の資産状況がわかるようになります。

自分の資産管理、経営に役立ちます。

簿記の知識があると、経済への理解度も深まります。

合格率と学習期間

日商簿記検定3級 
 
合格率 40~70%程度

学習期間  1 ~ 2ヶ月程度で合格を目指せます。

日商簿記検定2級  

合格率 15 ~ 30%程度

学習期間 3 ~ 4ヶ月程度で合格を目指せます。


日商簿記検定3級の難易度はそれほど高くないので、普通に努力すれば、

だれでも合格できるといわれています。

「簿記」の学習方法

  1. 通信講座
  2. 通学講座
  3. 独学

最初は、簿記講座の資料請求や書籍の入門編などで

簿記がどんな感じかを把握してから、学習方法を決めるといいと思います。


得意、不得意もあり、人によると思いますが、

日商簿記3級なら、通信講座、独学もしくは通学講座、

2級以上を目指すなら、通学講座、通信講座がおすすめです。

わたしの場合は通学講座で学習して、4ヶ月程度の期間で、

無事に日商簿記2級と3級の資格を取得することができました。


資料請求はこちらから

生涯学習のユーキャン

【副業 個人事業主 フリーランス 独立 起業に必須の資格】「簿記」

副業、個人事業主、フリーランス、独立、起業を考えているなら、

「簿記」の知識、資格が必須です。

就職や転職にも有利です。


簿記を勉強すると、いろいろなことに役立つので、

勉強して損することはありません。


信頼性があり、短い期間で資格の取得を目指せるので、

今から学習を始めてみてはいかがでしょうか。


参考になれば、うれしいです。


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」



資料請求はこちらから




タイトルとURLをコピーしました